#5 昭和的な考え方

おはようございます。

 

なんか最近の考え方の主流なんでしょうかね。

「やりたくないことなんてやらなくてもいい」

みたいなの。

 

リア充よろしくパーリーナイトな写真をインスタにアップしまくって、

やりたくもない仕事なんかしないで生きてるぜ!俺!

みたいなのがカッコイイんでしょうか。

 

正直、僕にはあんまり意味もわからんし共感もできません。

あくまでこれは僕の個人的な意見ですが。

 

僕は合えへんねやったら逃げてもいいし、

やりたいように生きるのはそれでいいと思います。

「まず3年は働いてから、判断すべき」

みたいなのもいらんと思います。

3年って大きいし…

なんの根拠もない3年という他人のいう数字に自分の人生捧げるものおかしいと思うし。

 

でも、仕事をするってことに関してはいかにやりたくないことでも成果をつくるのかが大切なんちゃうかな。

やりたいことだけの仕事なんて存在しないと僕は思っています。

あくまで捉え方で、やりたくないことに意義を見出して、やりたいことに変換できるか。

仕事に対する価値観なんて人それぞれだけど、マイナス面ばっか焦点あてて仕事に向き合うのってなんか虚しいな、と。

 

チャラチャラした芸人とかギャルみたいなタレントとかが社会にズバッと!みたいなのもなんだかな〜って思うことも多々あるわけで…

 

僕はまだまだ昭和的な考え方はあるわけで、

これからの時代(=10歳以上年下の社員)と向き合うにはもっともっと柔軟にならないかんとも思いますが。。。

 

でも、うちで働いてもらう人にはやっぱりこの価値観は理解してもらいたいな。

しんどいこともあるって!

しんどいことばっかちゃうから。

でも、仕事なんだからしんどいこともあるってこと。

 

ちなみに「若いうちは苦労は買ってでもしろ」に関してはなんでやねん!

って思うけどね。

自分の経験した嫌な体験を押し付けるクソ体質はまた違うんだな。

 

とかいいながらも現状はテキトーなゆるい運営してるあそびゴコロやねんけど。