#22 悲壮感出してもなんも変わらん

昨日の夜にニュース見てたらまたやってましたわ、飲食店経営者へのインタビュー

東京でえらい感染者出てるから時間短縮の要請に対してどう思う?みたいなの。

 

これいる?

ってほんま思う。

 

悲壮感たっぷりにこたえてたよ。

2〜3週間前はGoToEat言うてたのに、今度は時間短縮とかひどい!

国はきちんと補償してほしい!!

 

いや、大変なんはそらそうやわ。

みんな大変やもん。

影響受けてへん人なんておらんと思う。

 

でも、この悲壮感たっぷりな現状を知ってもらうことになんの意味があんの?

この声で国がなんか変わんの?

 

改めてテレビの見せ方、下手くそやな〜って思うわ。

 

文句なんて言い出したらキリないねん。

おれかて大変や。

なんか白髪は増えるし、朝の口はやたら臭いし、いっつも残尿感あるし。

自分のおっさん化をまだ受け止められへん。

でも知ってるねん。誰もが舘ひろしみたいにカッコよく年とれる訳ちゃうって。

 

そんな中でどうするかでしょう。

 

今回のコロナだってそう!

みんな大変な中で必死こいて頑張るわけで。

しんどいのアピールしてるより今やれることを探そうや。

ちっさなことでも、誰かに助けになれることしたいし、誰かに助けてもらってるんやとも思う。

 

こういうときに手を取り合える社会でみんなで頑張りたいよね。

生意気なこと言うてるんは百も承知。

でも、おれはあそびゴコロを愛してくれる患者さんをその5000倍くらい愛したいし、身近で困ってる人にはたかが+1であっても助けてあげられる存在でありたいわ。

悲壮感出してるより、しっこの切れについて考えてる方が平和やわ〜