#28 人を見抜く目

今日の日経に気になる記事がありました。

中途採用で「前職調査」に異論

 

・・・

これ、難しいよな〜

 

まぁ中途採用する際にその人の前職での情報を同僚や上司からもらうって話やねんけど。

 

おれは情報は最大の武器やし資源やとはおもてます。

だからこれってどっちにも言い分あるんやろうね。

 

新しく働きたい人からしたら、心機一転過去をバッサリしてリスタート切りたいかもしらん。

個人情報の兼ね合いとかもあるんでしょう。

なにより、自分という人間を見てではなく周りからの情報、いわゆる固定観念を持った状態ってしんどい。

 

でも採用する側からしたら嘘ついてへんかとか、猫かぶって前職ではやんちゃしてへんかとか、そういうの知ったうえでも採用判断にしたい。

 

いやー難しい!!

 

でも、人の本質なんてそう簡単に変わらんとおれはおもてます。

どんな奴でも根っこから変えられるような環境や!って自信ある会社やったら過去がどうとか気にせんやろう。

つまりはどっちも後ろめたさとか自信のなさがこうさせてんねやろな〜

 

そら人間だもの。嘘はつくさ。

おれくらいやで、嘘ついたことないの…

 

人を見抜く目ってよくいうけど、そんなもんないない!

エスパーちゃうのにない!

運と巡り合わせやって、ほんま。

それと惚れさせる体質ね。

 

まぁ新たにリスタート切りたい人は、過去は過去。

消せはしないよ。

でも、あくまで過去。

正直にったらええがな。

 

結局のところそんな問題視されるような調査するからあかんねんて。

友達(いわゆる人脈?)多かったら聞きたいことが耳に入ってくることの方が多いし。

聞きたくないこととかも耳に入ってくるねんけど…

  

ほんまややこしい世の中やな〜って思いました。

 

日経の端っこの方の記事に、「短い夏休み、楽しむぞ!」っていう大阪市内の小学校の子供のことが書いてあってほんま悲しくなったわ〜