#29 甲子園交流試合

とかいうのがやってるんですね!

勝っても負けても1試合だけの特別試合。

 

よろしいやん!

っておもた。

 

まぁこれに関しても密がどうだとか文句は言われてるみたいやけど…

あのよーわからんおネエっぽい教育評論家おじさんとか

でも、球児たちにとって「今」しかないその貴重な時間を有効に使えてるんちゃうかな〜

 

ビジネスにおいても、「その状況でどうするか」は常に問われることやと思う。

でも、高校野球とかビジネスちゃうやん。(厳密に言えば興行やと思うし、それをアテにしてる大人はいっぱいいることは置いといて)

 

おれにはとっくに終わってしまった青春期の体験って財産やしな〜

 

でもあれやね、ほんま甲子園出るような高校で野球するってのはいろんな人のバックアップありきなんやね。

特に親御さん、すごいわ〜

 

なんか、生きていて当たり前になってしまいがちなことやけど、

親からしてもらったすべてのことは当たり前ちゃうと。

でも、自分の子供には当たり前のようにやってまうと。

子供がどう感じるんかはそれこそ一人ひとりの感性なんやろうけど、ここの歯車がズレてる人、多い気がするねんな〜

 

そら、親から満足に愛情もらわれへんかった人もいる。

そんな人だからこそ他者への愛情が人一倍深い人もいる。

文字通り、あかん人もおる。

死ぬほど愛情いっぱいもろて育ててもらったけれど、他者への愛がミジンコよりもちっさい人だっている。

 

このへんの違いってなんなんやろう?

 

なんしか、もらった愛情や受けた恩は次の世代に還元していかんとあかんてことなんでしょう。

今日も愛情いっぱいで整骨院開けますか!