LINE予約

#466 死刑について考える

代表ブログ2022.07.27

秋葉原の無差別殺傷事件の加藤被告の死刑が執行されたね。

 

これはどうなんやろうか。

死刑制度の賛成反対に関して、ちゃんと考えたことなかったな〜

 

多分、元々はおれは死刑にしたらいいと思う派やと思う。

ハッキリと書くけどそんな奴らの人権とかいらんと思ってるし。

 

これは日本国憲法には反してるんよね。

 

でも死刑にしたからって別になにも変わるわけでもない。

 

遺族からしたら、この世にいて欲しくない!って思うやろうけど、

死んでハイ終わり!にもならんわけで。

 

すごい難しい。

 

拷問?

強制労働?

それが正しいとは言わん。

 

でも正しさよりも感情が勝つでしょう、遺族の立場なら。

 

おれは死刑囚の人権なんかいらんし知らん。

晒し者にしたらいいし、更生とかも全然望まへん。

 

でもな〜

死刑って解決ではないんよな〜。。。。

 

死刑囚の家族の方が人権無視で晒されて、普通には暮らせなくなるわけで。

 

おかしいよね。

 

ミャンマーでは思想の違いで処刑されまくってる。

軍事クーデター怖すぎる。

 

これは絶対に間違ってるわ。

NO!やわ。

 

それこそ殺さないと意見押し通されへんのかい!

ってなるわ。

 

死刑制度がある国ってもう少数派やねん。

先進国では日本とアメリカの一部の州、本で韓国だけ。

韓国は制度としてはあるけど執行は20年以上されてない。

 

これが今、世界の価値観なんよね。

 

う〜ん

答えが見つからないね。

 

うん。