LINE予約

#73 炭治郎に学ぶ

代表ブログ2020.10.21

鬼滅の刃すごいね…

こんなヒットする?っていうくらい..

 

おれ、これが連載始まったときここまで流行るなんておもてなかった。

まだまだマンガ力の弱さを痛感…

 

さてさて、みなさんご存知、主人公の竈門炭治郎くん。

この人どう?

 

かっこいいな!

うん。

 

この世界と、現代のビジネスの世界はそら違う。

だから妹を鬼にされることもなければ、

親父がヒノカミ神楽受け継いでるわけでもないし、

呼吸だの柱だのなんのこっちゃや、現代は。

 

でもこの炭次郎のスタンスで生きてたら、そら成功するよな〜って思うねん。

追い込まれて、高熱になって、呼吸が続かなくて、心臓が張り裂けそうになって、、、

それでも剣を握るっていうこと、できひんねん。普通は。

これ、マンガ読んでないとわからん部分もあるねんけどさ!

もう無理!!な状況でさらに自分を追い込むって難しい。

 

よくしょうもないコンサルとかが似たようなこと言うけどな、

そんな状況で頑張れない人の方が大大大多数なんよね。

 

誰しも炭治郎になれるわけじゃない。

だからこそ、追い込まれる前にやること決めてコツコツやるしかないな〜

っておもてます。

 

自分は天才だ!!って言い切れる人は追い込まれてもそらがんばったらよろしいわ。

でも、おれは違うな〜凡人やな〜って思うから今一度日々の計画見つめ直して動きたいな。

 

思えば、自分の強みを振り返ったとき爆発力じゃなくて継続力やと気づいた。

誰でもできることを誰もできない領域でやり続ける。

結果、誰でもできることじゃなくなる。

これ、前職で磨いたスキルやわ。

 

浦安鉄筋家族の小鉄の連続登校記録みたいなもんやね。

それにしても、小鉄の親父が大鉄。。

さらにじいちゃんは金鉄。。。

なんぼほど安易な名前やねん!っていう今日のお話!